ハリウッドボウル・コンサート(鍵田さん)

Fireworks.jpg (218835 バイト)  InPlay.jpg (231117 バイト)

(鍵田さん自身のコメントを転載させていただきました)

Gleeの皆さん
暫くのお別れです。明日7/7にSan Joseの息子夫婦の所に行き、7/8よりいよいよ、Crystal Cruiseに出かけます。船の中からは電話が高いのでメール出しませんが、日本に帰ってからゆっくり写真付きでメールします。

さて、牧田さんにも話していましたHollywood Bowlに7/4に行ってきました。この日はアメリカ人にとって特別な日なので、切符は早めに売りきれるようです。私は大学の同窓会が毎年席を30枚押さえてあり5・末で締めきりなのですが、今年はCancelが出たので、行けました。

しかし切符がTerraceという4人のBox席です(前の方ですが)92ドルです。昨年は72ドルでしたから随分上がっていました。

ニジヤで買った寿司で腹ごしらえ、アメリカ人のファミリーは持ってきた食事をワインなので楽しんでいます。

出演者はLA Phil 指揮者 Randall C. Fleisher 特別ゲスト KennyRogers (Country Western)で、Angel Choraleという混声合唱も出演していました。Fire Worksは毎年同じですが、初めて見た人は、これがアメリカ(Hollywood)だと感激するようです。

 
さて、LA PhilのとAngel Choraleが演奏した、国歌、Battle Hymn of the Republic, America the Beautiful そして最後にアンコールのGod Bless Americaは練習した曲なので印象も強かったですね。 コーラスは入っていませんでしたが、Across the Wide Missouri (これはShenandoah です)も親しみを持って聞きました。

特別ゲストのKeeny Rogers はアメリカ人にとって大変人気のある有名な人なのですね。私は知りませんでした。聴衆と一体となって、また映像の画面の挿入もあり、アメリカらしいEntertainmentでした。Country Westernはアメリカ人の好きなアドリブ、即興性があり、聴衆の反応によって、盛り上がりますね。

 
Kenny Rogersがアンコールでやった曲(題名は知りませんが)、映像画面の挿入で、イラク戦争での兵士の生活(砂嵐とか、戦死者の追悼、休憩など)を撮ってあるのですが、本当にアメリカの若者は国の為に戦っているという事が判ります。戦っている所はありません。

丁度、日本の国会でイラクの戦後処理に自衛隊を派遣する事を決めましたが、野党や自民党の動きを見ていると、他山の火事 ですよね。日本の現在の若者を見ていると、背筋が伸びていない、夢と目的が無いように思われます。徴兵制度を復活した方が良いという意見も出てくるわけですね。

最後に Freedom is not cheap. Freedom is not guaranteed. という文字が出てくるのですが、AmericaのPeace, Freedom, Libertyへの願いが込められており、Americaが勝ち取った自由を改めて考えさせられす。

ではFire Worksも含めた写真を3枚ほど添付しておきます。

鍵田

「おたより/寄稿」のページに戻る