鍵田さん洗礼を受ける

Ceremony.jpg (237595 バイト)  Father Otani and Kagita.jpg (194307 バイト)  GleePeople.jpg (228739 バイト)  Everybody.jpg (234159 バイト)

(斎藤さんのコメントを転載させていただきました)

グリーのみなさんへ、

鍵田さんの、洗礼式は、昨6月29日、ガーデナ平原バプテスト教会にて、大谷牧師の司式のもと、滞りなく行われました。

参列者の一人としてご報告します。

それに先立つ、聖日礼拝で、鍵田さんの、ここまでに至る、証言(あかし)がありました。波多江先生、熊本さんとともに聴きました。

普通、証しでは(信仰告白)、雰囲気が厳粛で、告白を聴いていて、何となく眼がうるうるして来るものですが、鍵田さんの場合は、会衆みな、はじめから終わりまで笑いっぱなし !!! 鍵田さんの、お人柄そのままに、まるでカリフォルニアの抜けるような、青空そのものといった証言でした。 なんでも、小泉首相とは同級生で、(本来自分が、首相をやるべきだが、忙しいので) 彼に(代わりに)やって貰っているそうです。 (笑い) −−−とこんな調子です。 何度も証しを聞いている私としては、こんなのは初めてです。でも、笑いのなかに厳粛な雰囲気があり、大変感動的な、洗礼式でした。

若いときに歌(賛美歌)から、信仰に入ていかれたとお聞きして、矢張りーーーと、おもいました。明治時代アメリカその他から、日本に新教が、はいってきたときも、歌とともに入ってきた、といっても過言ではないと思います。 日本で、その時編纂された ”小学唱歌" には、多くの賛美歌がはいっています。歌は、歌う人々だけでなく、神様とも、心を一つにするのですね。

鍵田さん、このような機会を与えていただき有難うございました。

斎藤泰

その何日か後の懇親会 → Dsc00003.jpg (143533 バイト)

「おたより/寄稿」のページに戻る