ファンレター(第4回定期演奏会の感想)

Glee Clubのみなさま、

今回64日の演奏会にはスバラシイ合唱の数々をお聞かせ下さって 本当に有難うございました!

実は私、当日身体の不調で床に伏しておりましたが、何としてもアノ「お江戸日本橋」が気になりまして定刻に会場に伺いプログラムを見ました折、どうやら「お江戸。。。」は取り消されたものと判断しまして帰ろうかと思いましたが、元来音楽好きの私はやはり帰れませんでした。そのうち始まりました皆様のお声の素晴らしさに 全く何もかも忘れて聞き入りました。


そして最後にアンコールに応えてと、仰云つた時 アッと私の頭の中にひらめいたんです。「お江戸。。。」でした。嬉しかったですねエ。よくぞ きかせて下さいました。きいている間中涙がぼろぼろこぼれました。


私は東京日本橋の生まれで子供の頃からあの三越デパートで当時 平岡養一氏の木琴で
13回位 この「お江戸日本橋」の演奏がパイプオルガン音につれて始まるのを小学校の帰途ランドセルを背負ったままきいていたのをまるで昨日のように記憶しております。


在米
47年になりますが中々ナマの音楽に浸るという機会に恵まれずに今日まで生きてまいりました。


お礼を申したいのは私達の方ではないでしょうか。最近はよく日本人街の下町の劇場などよく演奏会が開かれますが もう歳ですのでドライブして参る事は出来ませんし いつも口惜しく思っています。


楽しいものをきかせて下さって本当に有難うございました。


私のつまらぬエピソードですが何かお訊かせせずにいられないものが込み上げまして一筆致しました。今後も どうぞその皆様の素晴らしいお声をきかせて戴き度く存じます。重ねて厚くお礼申し上げます。


    後藤恵子

6/6/05

ちなみにーー

私は指揮者波多江美代子先生の義理のお母様である さつきさんの友人でした。いまははなれておりますがーー。

「おたより/寄稿」のページに戻る